本文へスキップ

 KobeEchoSkiClub

プロフィールprofile

神戸エコースキークラブは、豊かなスキーライフを目指しています。

組織・役員

役職 名前 その他
会長・事務局 ヒデ SAJ準指導員
副会長・庶務 ヨシ SAJクラウン
副会長 ヒカ SAJ2級
会計 正雪 元SAJ指導員
県連評議員 大正 認定アシスタント
県連総務部理事 大正 認定アシスタント

神戸エコースキークラブについて

神戸エコースキークラブのホームページにようこそ。
神戸エコーは1965年に創設された基礎スキー系のクラブで、SAJ傘下の兵庫県スキー連盟に加盟しております。県内には県連加盟クラブが120ほどありますが、その中でも数少ない半世紀以上の歴史を誇るクラブの一つです。
現在のクラブの運営は、古き良き伝統は継承しつつも、会員の自主性を尊重し、誰もがある程度の満足感を得られるよう工夫して行っています。

かつて神戸エコーは、創始者で強力なリーダーT先生(故人)のもと、クラブ会員約60名(うち指導員、認アシ、それぞれ約10名)の基礎スキー指導者養成系のクラブでした。
これはT先生がRスキー学校の校長を、1980年〜2001年まで20年以上に渡り務められたことに関わります。またこの間にT先生から別途クラブを創ることを認められ、「のれん分け」的に新しいクラブを創られた指導員の方もおられました。

現在はクラブ会員約31名(うち指導員1名、認アシ6名)のこじんまりしたクラブになっております。しかし少ない中にも高い比率で、クラウン4名、テクニカル2名が在籍し、特に女子では兵庫県代表として全日本技術選に2回出場した経験を持つ方も在籍しておられます。
技術志向の方だけではありません。1級やテククラ、指導員資格にはさほど興味がなく純粋に雪山や雪遊びが大好きで、心身の活性化のため「遊びの王様」であるスキーを楽しみたいと言われる方も在籍しておられます。
会員の年齢構成は、10代後半〜70代の多彩な範囲(家族会員含む)におよんでおります。
神戸エコーでは自由と自主性を尊重しており、クラブ会員の方々はクラブとは絶妙な距離感?を持って各々に活動しておられます。

スキーは各位の年齢や体力やレベルに合わせて、一人でも十分楽しめます。
でも同じ様な価値観を持ち、良きライバルやアドバイスをし合える仲間がいればもっと楽しいと思いませんか? スキーライフは人との出会いで変わることが多々あります。
神戸エコーには個性的で多彩なスキー仲間がいます。
当クラブに関心のある方は「入会・お問い合わせ」よりメールでご連絡下さい。折り返しお返事させて頂きます。勿論、お問い合わせだけでも結構です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
入会の資格はスキーに興味があることと、社会人としてのマナーを守れることです。

神戸エコースキークラブは 『豊かなスキーライフを目指しています』  2017/10

※なお入会者が未成年の場合は、保護者の方がクラブ会員(主会員)に、本人は家族会員としてお願いしております。家族会員の方の年会費は原則頂いておりません。

contents

copyright©2015 KobeEchoSkiClub all rights reserved.